グラフィックス

  • 正弦波のグラフを表示する
  t = [0:0.01:2*pi];
  y = sin(t);
  plot(t, y);
  xlim([0 pi]);
  ylim([0 1]);
  title('sin(t)');
  xlabel('radian [rad]');
  ylabel('sin(t)');
  • 1つのグラフに複数のデータ(正弦波と余弦波)を表示する
  t = [0:0.01:2*pi];
  y1 = sin(t);
  y2 = cos(t);
  plot(t, y1, t, y2);
  legend('sin(t)', 'cos(t)');
  xlim([0 pi]);
  ylim([0 1]);
  title('sin(t)');
  xlabel('radian [rad]');
  ylabel('sin(t)');
  • subfigureにより複数のグラフを表示
  t = [0:0.01:2*pi];
  y1 = sin(t);
  y2 = cos(t);
  subplot(2,1,1),plot(t, y1, 'r-'),xlim([0 pi]),ylim([0 1]),title('sin(t)'),xlabel('radian [rad]'),ylabel('sin(t)');
  subplot(2,1,2),plot(t, y2),xlim([0 pi]),ylim([0 1]),title('cos(t)'),xlabel('radian [rad]'),ylabel('cos(t)');
  • グラフの消去
  $ clf
  • グリッドを入れる
  grid on;
  • グラフを追加できるようにする
  hold on

データの色や線の種類を変更する

次の例では,線の種類を「実線」,線の色を「赤」とするため,plotのオプションとして"r-"を与えている。一度実行した後,下の表の線の種類や色を参考にして,さまざまなグラフを作成してみよう。

  t = [0:0.01:2*pi];
  y = sin(t);
  plot(t, y, 'r-');
  xlim([0 pi]);
  ylim([0 1]);
  title('sin(t)');
  xlabel('radian [rad]');
  ylabel('sin(t)');
シアンcg実線-
マゼンタmb点線:
黄色yw破線--
rk一点鎖線-.

グラフを保存する

次の例では,現在表示されているグラフをpng形式でfoo.pngという名前のファイルに保存する。

  print -dpng foo.png

上記にあるオプション-dのあとに,jpg, eps, pdfなどの画像形式を指定すれば,様々な形式の画像ファイルを作成できる。

グラフの各軸のフォントサイズを変更する

  set(gcf, 'DefaultAxesFontSize', 18)

戻る


Last-modified: 2017-07-14 (金) 09:23:05 (712d)